Arsaのブログ

~ リネ2ライフを徒然なるままに綴る日記 ~

UPDATE情報②/職バランス&SKILL/総論

次回アップデート(ロード オブ ビフレスト)で、各職の強化、弱体が気になるところだと思います!


INVEN(韓国の巨大オンラインゲーム情報サイト)の記事をグーグル翻訳したので、タイトルに関連する所だけ抜粋して紹介しますねー。翻訳ソフトなので、日本語微妙な所はあしからず ・w・


結局、(む)さんと同じ情報になってしまいますが、韓国公式から小出しにされる情報を少しだけ整理してまとめている点が、あえて言うなら違いかなー。


【職業バランス変更】

更に強まる職業別の特色、1次クラス特性の強化 適用

ティールウォーリアの場合グランドヘビーアーマーマスタリーにクリティカルダメージ35%減少効果が追加されるなど、重装備を身に着けても、低防御力を見せていた問題が改善された。一方、オーセルローグやユールアーチャー系職業群は、ファイナルアルティメットシリーズのスキルの効果が全体的に下方修正されて生存力が減少することになった。 


クラス スキルの場合、特性に合わせて改善が適用されて、個性がもっと明らかになる方向へと変化が起こった。


今回変化を迎えた職業群は、シーゲル ナイト,フェオ ウィザード,ウィン サマナー,グラビティランカーまで、4つの職業群だ。


シーゲル ナイトの場合、防御力が更に上昇した。
グランド シールド マスタリーの盾防御力効果が増加して、弓耐性効果が追加された。
フォーカス シールドは防御力と盾防御力増加幅が更に大きくなったし、ライト ペーシェンスの盾防御力が増加して、全般的に盾の効率が増強された。


フェオ ウィザードは、はダメージディーラーとしての立地が強化された。
マジシャン スピリットは 3段階スキルが追加されて、魔法力と防御 / 魔法抵抗が増加する。
デス ヘルウェイ / デス ヘルゲートは既存のメズ スキルからデバフ スキルに変更されて、
火傷効果が適用される様になり、移動速度減少効果が上昇された。
マス ヘル バインディングはチャネリングから一般スキルに変更されながら、使用後他の行動が可能になったし、エレメンタル スパイクはデバフ維持時間が増加された。


ウィン サマナーは、グランド サモン マスタリーの怒り発動条件が変更された。

ディメンション バウンディングはマス ヘル バインディングと同じく、チャネリングから一般スキルへと変更された。
既存職業別に仕分けされていたリンク スキルたちは、リンク オブ ロイヤルティとスキル名称が変更されて、長続き時間が増加された。


最後にグラビティランカーは、ダメージ補正が成り立ち、便宜性が改善した。
グラビティ パワーの効果が上向きされて、5段階の攻撃力効果が上昇、6,7段階スキルが追加された。インサイド ポジションはバフ維持時間が増加して、リバース ウェイトは詠唱時間が減少される様になり、更に早い攻撃が可能になった。


これら以外では、R グレード ローブ セットの +8 強化効果が変更された。

ダガーと弓類攻撃の耐性は増加したが、魔法キャンセル発生確率減少効果は削除された。


なお、今回のアップデートはこれで終わりでは無く、他の職業群のアップデートも、持続的に補完が成り立っていく予定だ。



【SKILLs】ウォリは笑って、弓・短剣は涙


スキルの部分では、職業別に様々な変化が現れた。ティールやウィンサマナー、フェオウィザードなどの職業群は、上方修正を迎えたがオーセルローグやユールアーチャー、サイハズシーアなどの職業は、維持や下向きに近い修正を迎えることになった。


 ティールマエストロはサモンバーニングメカニックゴーレムという99レベル召還スキルが追加されて、より強力な味方との戦いを繰り広げることができる。ティールはグランドヘビーアーマーマスタリーのクリティカルダメージ35%減少効果追加でナイトには及ばないものの、「重装備を使用するクラス」のイメージにふさわしい防御力をある程度備えるた。


 ウィンサマナーの場合マスサーヴィターブレッシングの持続時間この2倍近く増えてアルティメットディフェンスの再使用待機時間が3分の2に減って召喚獣管理が容易になった。ファイナル系スキルは、スキルレベルが拡張され、召喚獣をより強力にすることができ、コール系スキルは召喚師の攻撃力と防御力、魔法力、魔法抵抗20%増加し、召喚獣の攻撃力20%をはじめ、職業の特色に合った追加効果が付与されて瞬間的に爆発的な火力を発揮することができる。 


イースエンチャント系の職業群は、アサルトラッシュの持続時間が長くなり、再使用時間は短くなり、戦闘力がより増加し、ソードミューズとスペクトラルダンサーの場合には、強力な威力を持つアーチャーリナウィズダムなどの歌舞が再使用時間が半分に減少して、より頻繁に使用することができるようになった。フェオウィザード職業はエレメンタルマス/ファースト/パワーバスタースキルの詠唱時間が6秒から2秒に減少してスキル使用がスムーズになった。 


オーセルローグは他の職業とは異なり、完全に上方より一つを得一つを出してくれる形でアップデートが行われた。シャドウフラッシュがPvP専用スキルに変更され、モンスターを相手には使用できなくされており、持続時間、射程距離が増加したが、ターゲットを解除し、スタン効果が削除され、スキルを活用難易度自体はさらに高まった。シャドウハイドは、移動速度減少効果が追加される代わりに、HP回復ボーナスが削除されたし、エンジェル・オブ・デスは、ダメージは増加したものの移動速度とデバフ耐性とスキル回避増加、ポイズンパラライズ発動効果などがすべて削除された。ファイナルアルティメットイベイジョンも魔法抵抗力が20%から100%に増加したが、物理回避、物理スキル回避数値が低くなって魔法回避は削除された。 


ユールアーチャーはカモフラ地の再利用時間の増加、移動速度減少が絶対値に変更されスキル性能がむしろ下落した。ファイナルアルティメットエスケープはイベイジョンと同様に魔法抵抗が増えたが回避力が低くなってバフ解除耐性下方、魔法回避削除が適用された。 


サイハズシーアはアシスト遠いレートが追加下方を迎えながら潜伏活用がさらに難しくなった。潜伏待機時間は増えたが、潜伏保持時間は減少しており、移動速度増加幅が大幅に減少した。ディインセプションブリンクの移動速度増加効果とエアラッシュ、スレートニングウィンド、ウィンドテンプテーションなどの詠唱距離も減って機動力に打撃を受けることになった。


次回、変更点を具体的な数値と共に紹介できたらいいなーと思います。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。